自分に合う勉強スタイルで資格を取得|心理カウンセラーになる方法

通信コースも高い合格率

女の人

日本メディカル福祉専門学校は、医療や福祉分野の注目資格を目指せる専門学校です。高い合格率が実績の通学コースに加え、通信コースも準備されており、社会人や学生からも人気を集めています。そして、日本メディカル福祉専門学校では、現場実習が準備されており、これを乗り切るためのサポート体制も整っています。

Read More..

障がい者を支える仕事

男性

義肢装具士は、医師の指示に基づいて義手・義足・コルセットなどの製作を行う専門職です。国家資格となっており、現行では3年以上の専門学習を行った後に国家試験に合格することで得られます。主な就職先は義肢の製作会社です。

Read More..

合格するためには

男の人

理学療法士試験の合格率は年によってバラつきがありますが、1回目の受験生の方が合格率がはるかに高い傾向があります。一発合格するためには、勉強時間を十分に確保したり、効率の良い勉強方法を知ることが大切です。通っている大学や専門学校で、早いうちに先生や先輩から勉強法について情報収集しておくと良いでしょう。

Read More..

心の時代をリードする

カウンセリング

自分に合った勉強法を探す

今、心の時代と言われ、精神的な癒しや充足感が求められるようになってきました。心理カウンセラーの仕事も多岐に渡っています。心理カウンセラーになるには資格が必要ですが、心理カウンセラーの資格は国家資格ではありません。ですから、医師や看護師のように決められた教育機関で必ず学ばなければならない、というものではないのです。逆に言えば、様々な種類の資格や学び方がある、ということです。ですから、例えば今現在仕事を持っている、別の学校に通って他の勉強をしている、という方でも、工夫次第で心理カウンセラーになることができます。心理カウンセラーの勉強をするためには、大学の心理学部だけではなく、様々なスクールや通信講座があります。自分に通えそうな、続けそうなものを探すことで、資格取得が現実のものとなることでしょう。広くあらゆる方々に開かれている門戸、それが心理カウンセラー資格への道なのです。

自分に向いている種類とは

一口に心理カウンセラーと言いましても、実は様々な種類があります。皆さんにもいろいろな悩みがあるかと思いますが、悩みの数だけ心理カウンセラーの種類はあるのです。例えば、今様々な問題が起こっている学校、ここにはスクールカウンセラーが置かれています。また、病院やホスピスなどにもカウンセラーは必須の存在です。もちろん、カウンセリングの基本は同じですが、それぞれの状況に応じて、やはり専門的な勉強も必要になってきます。スクールカウンセラーには児童心理学が、病院のカウンセラーにはグリーフケアが、欠かせない知識でしょう。ですから、資格取得を考えたら、まずは漠然とでもかまいませんので、自分はどのような場面で活躍したいのかを考えましょう。そして、それに沿った資格を見つけましょう。心理カウンセラーの勉強は、資格取得もさることながら、実生活で必ず役に立つものです。これからの時代を生きるために、一歩を踏み出してみませんか。