キュウリの育て方を知ろう|気軽にチャレンジできる

初心者でも大丈夫です

意外と栄養があります

庭

家庭菜園は自宅の庭で、野菜を収穫できるという実益があると多くの人が趣味にしています。
しかし初心者の場合は、何を育てればよいのかと悩んでしまうこともあるでしょう。
そんな初心者にお勧めしたいのは、夏野菜の代表であるキュウリです。
キュウリの90パーセントは水分であるために、多くの人が栄養価が低い野菜であると考えています。
確かに水分が大部分を占めるキュウリは、他の野菜のような栄養素が多くはありません。
でも実はきゅうりは、ベータカロチンやカリウムという重要な栄養素を多く含んでいるのです。
ベータカロチンは皮膚や粘膜の保護をし、カリウムは体内の不要な塩分を排出してくれる役割を果たしてくれます。
水分が多いために栄養素がないのではないかと思われがちなキュウリですが、案外と健康に良い食べ物なのです。
育て方は種からでも可能ですが、初心者ならば苗から育てる方をお勧めします。
苗を植える2週刊前には、菜園する場所に苦土石灰を適量混ぜて、耕しておきましょう。
風通しと日当たりの良い場所で、水分をたっぷりとあげることが育て方の基本になります。
苗を植える前に穴を掘っておき、水でたっぷりと湿らせておくか雨の日に植えるくらいがいいでしょう。
植えつける時に、野菜用の化成肥料を混ぜ込んでおきそれ以後は2週間に一度くらいの割合で化成肥料をあげてください。
育て方で気をつけることは、水気を好む野菜なので乾燥に弱い特性があり、土の表面が乾いていたら夕方の気温が下がった頃に水やりをしましょう。
キュウリの育て方で気をつけるべきなのは、うどんこ病から守ってあげることです。
葉に白い粉が付着して見えたら、うどんこ病なので罹患した葉を取り除いてから殺菌剤を散布しておきましょう。

栽培時の手順とコツ

レディ

一般的にはスーパーで購入してサラダなどに使用するキュウリですが、家庭でも手軽に栽培できる野菜としても知られています。
耕した畑がなくても、プランターを用意するだけで初心者でも育てられます。
しかし、栽培の上でいくつか注意しなければならない点があるので、以下の育て方の手順を踏みましょう。
まず、プランターの底には一定量の石を敷きます。
ホームセンターで売っている小石でも良いので、まんべんなく敷き詰めるようなイメージで入れます。
これは、土の下から水の捌け口となるようにする目的があります。
次に、培養度をプランターの8分目くらいまで投入します。
必要に応じて、キュウリを植える場所に殺虫剤を撒いて、苗を植えていきます。
苗はゆっくりと取り出さなければ崩れてしまうので、育て方のポイントとして覚えておきましょう。
また、植え込む際には間隔をしっかりと確保し、キュウリの成長を邪魔しないように設置するのがコツです。
植えた後は上から土を被せて行きますが、キュウリの育て方では少しポイントがあります。
通常は野菜を植える時は根元までしっかりと土を被せますが、キュウリは深くまで土を被せ過ぎない事が大事です。
浅く植える事で適度な成長が可能となり、健康な状態で育てる事ができます。
育て方が少し特殊な部分もありますが、収穫量も多くて便利な野菜の一つです。
ビニールを被せたり、病気に掛からない対策をしたりと、ステップアップさせながら育て方をマスターしましょう。

夏におすすめの野菜

畑

農業というと大げさですが、自宅の庭やベランダでちょっとした家庭菜園をしてみたいなと思ったときにお勧めの夏野菜の一つがキュウリです。
キュウリは、地域にもよりますが4月下旬ごろからホームセンターに苗が並びだします。
こうした苗を購入し育てることで比較的失敗なく、野菜を収穫することが出来ます。
しかも、一株購入しただけでもしっかりと育て方をマスターすれば身が付きだせばほぼ毎日収穫することが出来ます。
苗を選ぶ際のポイントは一番下の丸みを帯びた子葉が枯れていなくて上の葉っぱの色がより濃い緑色のものを選びます。
苗の種類として、他の植物の茎と接ぎ木された接ぎ木苗のほうが一般的病害虫に強く失敗しにくいです。
露地栽培でもプランター栽培でも育て方は同じですが、蔓の生育が旺盛なので数日放っておくと蔓が思いもよらない方向に延びてしまうこともあり注意が必要です。
上へ上へと延びていきますが支柱やネットなどを上手に活用して伸びる方向を誘導してあげることも日照不足などにならないポイントです。
キュウリは一日で3センチ程度成長するので適当な大きさになったものから順次収穫していくことで苗に負担をかけず、より長くより多くのキュウリを収穫することが出来ます。
ただし、一番最初にできたキュウリは小さいうちに収穫し苗を成長させるのに養分を使うことでその後病気などにかかることなく成長します。
実の成長スピードが速いことからもたくさんの肥料を必要とします。
ですから、実ができ出したころから2週間おき程度の頻度で追肥をしてやります。
キュウリの育て方は野菜全般を育てるうえで基本となる育て方です。
ですから、キュウリの育て方を知っておけば枝豆やなすび、トマトといった夏野菜を育てる事も可能です。
何か家庭菜園を始めたいと思っている方は、まずはキュウリはどうでしょうか。

誰でも作れる

植物

キュウリは育て方を間違えなければ、誰でも簡単に育てることの出来る夏野菜です。その魅力は、さまざまな料理に日常的に使えることや、成長が早くすぐに収穫できることなどです。苗をプランターに移してから、支柱を立てて、つるを巻き付けるようにして育てます。開花後、十日程度で美味しいキュウリが収穫できます。

もっと読む

特徴に合わせましょう

畑

キュウリは蔓を伸ばして成長するので、支柱やネットなどの道具を揃えることが重要となっています。また、湿気に弱いという性質を持っているので、水はけのよい土壌にしておくことがキュウリの育て方で重要なポイントと言えるでしょう。

もっと読む

美味しい野菜を作ろう

畑

上手にキュウリを育てるためには、事前の準備が大事になります。キュウリの育て方以前の話として重要になるのが土作りです。適した土を作った後で、石灰や肥料を混ぜます。鉢植えで育てる場合には、水はけの良いプランターが必要です。また、種から育てる場合には苗作りを行います。その他、支柱や網も用意しておきます。

もっと読む