キュウリの育て方を知ろう|気軽にチャレンジできる

誰でも作れる

簡単で成長の早い野菜

植物

夏野菜の代表格であり、我々も日常的に口にしていることの多い野菜といえばキュウリでしょう。
サラダに使ったり、漬け物にしたりと、いろいろな料理に使えるのも魅力のひとつです。
お店で買うのもよいですが、家庭菜園などをしている方ならば、育て方は簡単ですので、是非自分の家で作ってみましょう。
ホームセンターなどで種や苗は購入可能なので、値段などもチェックしながら購入するといいでしょう。
特に苗の場合、しっかりとした茎かどうかは、今後の育ち方にも影響してくるので、しっかりと確認が必要です。
キュウリの実は夜に大きくなりますので、夕方以降の涼しい時間帯に、たっぷりと水をあげるのが、育て方のコツです。
ただし、梅雨の時期などは病気の発生原因にもなりますので、加湿には注意し、排水対策をしっかりとおこないましょう。
育て方のポイントとして、つるが伸びてきたら、支柱を立ててあげます。
これに絡まるようにして大きくなるので、風などで茎が折れないように、必ず支柱が必要です。
また実が大きくなると、支柱にかなりの重量がかかりますので、しっかりと丈夫なものを立てておきましょう。
葉が混んできたら、古い葉や枯れた葉などを摘んでおきます。
株に十分栄養を行き渡らせるためと、太陽の光を遮らないようにするためです。
育て方を誤らなければ、キュウリは強い野菜ですし、低温期であっても成長してくれます。
花が咲いた十日後くらいに収穫してください。
瑞々しくて美味しいキュウリが食べられます。

成長し始めてからのコツ

園芸用品

家庭菜園が初めてという方なら、キュウリの栽培からスタートしてみると良いかもしれません。
失敗しない育て方と知識を身に付けて、家庭菜園のいろはを学んで行きましょう。
特に、成長が見えて来てからが重要になるので、下準備を済ませた状態を想定します。
肥料を混ぜた土に植えた状態で一定期間が経過すると、葉っぱが少しずつ生えてきます。
最初は小型ポットに入れた状態なので、これを畑に移動させる必要があります。
そのタイミングについてですが、葉の数を目安にすると便利です。
大体4枚から5枚くらいの葉が出てきたら、定植してあげましょう。
その際には、左右に偏らないよう固定するためのネットを合わせて設置するとベターです。
キュウリと言えば、細長くてくるくるとしたツルが特徴的です。
この部分は成長の邪魔になってしまうので、適度に取り除いてあげるのが育て方のコツになります。
定期的に菜園用のハサミを使って、切ってあげましょう。
また、キュウリの育て方で特に重要なのは水やりです。
キュウリは野菜の中でも、特に水分量を多く含んでいる事で知られています。
常に乾燥のない状態を保たなくては味が落ちてしまうので、こまめな水やりが欠かせません。
炎天下の季節や乾燥した気候の時には、水やりを2〜3回に分けて行うなど、状況に合わせましょう。
育て方の基本としては以上を守るだけでも十分ですが、環境によっては虫食いの対策をするなど工夫が必要です。
将来的には応用も学んで、正しい育て方を覚えましょう。

水やりも忘れずに

婦人

キュウリは夏に育てる野菜の代表格の一つと言って差し支えないでしょう。
露地でもプランターでも栽培が可能で育て方について少し注意すれば、初心者でもたくさんの収穫が望めるのでぜひ挑戦して欲しい野菜です。
さて他の野菜同様、キュウリの育て方で大事なポイントは病気にならないように、苗が若いうちは特に気を付けるということです。
例えば、雨ではねた地面の泥が葉の裏側に付着すると病気になりやすくなるので、充分な注意が必要となります。
そのため、雨上がりのときには、こまめにチェックすることをお勧めします。
またベランダでプランター栽培をするときも畑で露地栽培するときも、風通しが良くなるようにして湿気がこもらないように心掛けます。
キュウリの健康状態が悪くなると葉が変色するので、万が一そのようなことがおきたら病気が広がらないように素早く悪い葉を除去します。
このように若い苗のころに気を遣ってやれば育て方に関して他に難しいことはありませんが、水をたくさんあげることは意識して下さい。
これを怠ると曲がった形の不格好なキュウリができることになるので、特に梅雨明けの時期からは地面が乾いていないかよく観察しておく必要があります。
それからキュウリは実がなると毎日毎日どんどんと生長するので、収穫し忘れるとものすごく大きくなってしまいます。
葉っぱの裏側の見えないところに実ができていないかも、時々確かめると良いでしょう。
文字にしてしまうと大変そうに感じますが、作業に慣れてしまえば育て方に関する注意も特別意識せずに行えます。
ぜひ一度おいしいキュウリ作りに挑戦してみて下さい。

誰でも作れる

植物

キュウリは育て方を間違えなければ、誰でも簡単に育てることの出来る夏野菜です。その魅力は、さまざまな料理に日常的に使えることや、成長が早くすぐに収穫できることなどです。苗をプランターに移してから、支柱を立てて、つるを巻き付けるようにして育てます。開花後、十日程度で美味しいキュウリが収穫できます。

もっと読む

特徴に合わせましょう

畑

キュウリは蔓を伸ばして成長するので、支柱やネットなどの道具を揃えることが重要となっています。また、湿気に弱いという性質を持っているので、水はけのよい土壌にしておくことがキュウリの育て方で重要なポイントと言えるでしょう。

もっと読む

美味しい野菜を作ろう

畑

上手にキュウリを育てるためには、事前の準備が大事になります。キュウリの育て方以前の話として重要になるのが土作りです。適した土を作った後で、石灰や肥料を混ぜます。鉢植えで育てる場合には、水はけの良いプランターが必要です。また、種から育てる場合には苗作りを行います。その他、支柱や網も用意しておきます。

もっと読む