キュウリの育て方を知ろう|気軽にチャレンジできる

特徴に合わせましょう

水はけが重要です

畑

キュウリは一般的な野菜と同じ要領の水やりで良いですが、2週間に1回のペースで肥料を与えるのが良い育て方と言われています。
そのため、最初の準備として肥料を用意しておくのが良いでしょう。
キュウリを育てていく上で特に必要な道具として、支柱やネットが挙げられます。
キュウリはある程度成長してくると蔓を伸ばし、蔓に沿って葉や実をつけるようになるという性質があります。
やや高い位置まで成長することもあるため、少し長めの支柱や面積の広いネットを揃えるのがオススメです。
蔓が伸びてきたら支柱やネットに巻き付くように誘導することが、キュウリの育て方のコツとなっています。
また、植物にはそれぞれ適した土壌が決まっており、大きく丈夫にする育て方のポイントとなっています。
キュウリはやや酸性の土壌が最も適しているため、硫黄華を少し加えておくのが良いでしょう。
キュウリの育て方で最も重要なポイントとして、水はけを良くしておくことが挙げられます。
キュウリは雨の多い梅雨の時期から夏にかけて育てることが多くなっているので、プランター内や土壌中に水が溜まらないように対策しておく必要があります。
そのため、プランターで育てる場合は排水穴の多い物を選んだり、土作りの際に水はけを良くするパーライトを加えておくのが良いでしょう。
その他に揃えておくべき道具として、収穫や剪定用のハサミが挙げられます。
実を収穫する際にちぎるように収穫すると、苗に負荷をかけてしまうことがあります。
そのため、使いやすくて切れ味の良いハサミを用意しておくのが良いでしょう。

おすすめの野菜

野菜

初心者で家庭菜園向けの野菜といえば、夏バテ防止や季節によらず食べられるキュウリです。
2ヶ月ぐらいで収穫ができる夏野菜の中では、栽培期間が短めで初心者でも始めやすくなっています。
そもそもキュウリの育て方には、種から育てる直まき栽培と、苗から育てる移植栽培があります。
初心者には移植栽培がおすすめです。
育て方としては、茎がしっかりしていて葉も大きく、色の濃い苗を選ぶといった点がポイントとなります。
通常の苗より病気に強い苗もあります。
苗を選んだら植え付けです。
基本的な育て方は、水を浸して周りも十分に水を浸透させて、苗を同じくらいの穴を掘って丁寧に植え付けるようにすることです。
支柱を立てておけば、強風等にも対応できて後も楽です。
苗を植えたら、水やり等の手入れが必要です。
またキュウリはほとんどが水分で根も浅い植物なので、土壌が乾燥しないよう適度に水やりするのが育て方のポイントです。
朝早くや涼しい夕方に行って、暑い日中には、根腐れの原因になるので注意です。
順調に育って雌花や雄花が咲いたら摘み取っていけば、さらに成長が良くなります。
また肥料や害虫の予防ができるスプレー等があるので、それらを使って成長を助けましょう。
最後に楽しみな収穫です。
もし花が咲き始めたら、サイズ確認をする必要があります。
大きくなり過ぎないようにチェックする必要があるのです。
またできれば涼しい早朝の時間帯に収穫すれば、より甘みのある美味しいキュウリが食べられます。
収穫するときは、ハサミを使ってヘタの根元部分を切ります。
傷つけないように注意して、トゲもあるので手袋をして収穫しましょう。

水の大切さ

植物

キュウリは、夏野菜の中でも育てやすく一株育てることでたくさんの実を収穫することが出来ます。
キュウリの育て方は野菜の基本的な育て方を知っておけば失敗することが少ない上に、露地栽培だけでなくプランターなどでも簡単に育てられるのでベランダでも簡単に育てることが出来ます。
キュウリを育てるには種をまく方法と苗を購入する方法があります。
苗は、4月中旬ごろからホームセンターなどで100円から300円程度で販売されています。
家庭菜園でキュウリを栽培する場合には、苗を購入するのをおすすめします。
苗は緑が濃く根がしっかり張っているものを選びます。
キュウリは浅く広く根を張ります。
ですから土の乾燥に弱いということを覚えておけば失敗しません。
できれば毎日、水やりをしっかり行うことでみずみずしい実をたくさんつけます。
しかし、あまり水をあげすぎても根腐れを起こすので、特に梅雨時期の過湿には注意が必要です。
水やりは一日2回、朝早くと夕方にあげるのが一般的ですが、昼近くに水を与えると地温が上がりすぎて、苗が弱ってしまう原因になります。
この場合は苗の状態にもよりますが、朝は水を与えずに夕方与えるのも一つの方法です。
また実がたくさん付き出してから、晴れの日が一週間程度づつく場合には霧吹きなどで葉っぱに水を吹きかけ葉水を上げることで、病気の発生を予防し葉からも水分を補給することが出来ます。
さらに重要なポイントが実があまり大きくない適当な大きさのうちにどんどん収穫することです。
たくさんの実が一度になるということはそれだけたくさんの肥料などの養分を多く消費します。
ですから、いつまでも実をつけていると苗自体が老化して病気にかかったり枯れたりする原因になります。
キュウリの育て方は、野菜の中でも基本的な育て方なのでこの育て方をしっかりマスターすればほかの野菜に応用することも出来ます。

誰でも作れる

植物

キュウリは育て方を間違えなければ、誰でも簡単に育てることの出来る夏野菜です。その魅力は、さまざまな料理に日常的に使えることや、成長が早くすぐに収穫できることなどです。苗をプランターに移してから、支柱を立てて、つるを巻き付けるようにして育てます。開花後、十日程度で美味しいキュウリが収穫できます。

もっと読む

特徴に合わせましょう

畑

キュウリは蔓を伸ばして成長するので、支柱やネットなどの道具を揃えることが重要となっています。また、湿気に弱いという性質を持っているので、水はけのよい土壌にしておくことがキュウリの育て方で重要なポイントと言えるでしょう。

もっと読む

美味しい野菜を作ろう

畑

上手にキュウリを育てるためには、事前の準備が大事になります。キュウリの育て方以前の話として重要になるのが土作りです。適した土を作った後で、石灰や肥料を混ぜます。鉢植えで育てる場合には、水はけの良いプランターが必要です。また、種から育てる場合には苗作りを行います。その他、支柱や網も用意しておきます。

もっと読む