キュウリの育て方を知ろう|気軽にチャレンジできる

美味しい野菜を作ろう

事前に必要な準備

畑

キュウリは、野菜の中でも特に育て方が簡単な植物です。
しかし、上手に育てるためにはコツがいります。
そのコツを押さえることで、瑞々しくて立派なキュウリを収穫することができるのです。
そのために必要な各準備についても知っておくとよいでしょう。
まず、キュウリの育て方以前の話として土作りについて解説しなければなりません。
初心者の場合は市販のキュウリ用の土を使用する方法がありますが、それが手に入らない場合は複数の土を混合して作ります。
キュウリに適した土にするためには、赤玉土と腐葉土とバーミキュライトを7と2と1の割合で混ぜます。
また、苗を植える二週間程前に土のpHを調節するための石灰と生育に必要な肥料を混ぜておきます。
地植えではなく鉢植えで育てるという場合には、プランターも必要です。
根に湿気がこもらないように、水はけが良いものを選びます。
また、株間を最低でも40cm取る必要があるため複数植える場合にはその分大きなプランターが要ります。
キュウリの育て方には、種から育てる方法と苗から育てる方法があります。
初心者の場合は苗からの方が安心ですが、多くの株を植えるという場合には種からの方が経済的です。
種から育てる場合は春先に種を植えて間引きを繰り返し、最終的にそこから良い苗を選びます。
苗を購入する際には、茎がしっかりしたものを選ぶようにします。
その他、キュウリの育て方で気をつけることとして支柱の準備があります。
キュウリはツルを伸ばして上に育つ特色があるため、苗がある程度育ったら支柱を立てて網を張る必要があるのです。
いずれのアイテムも園芸専門店やホームセンターなどで購入することができます。

苗を準備しましょう

ガーデン

夏野菜の代表であるキュウリは家庭菜園でもとても簡単に育てられる野菜です。
夏が始まる前には、ホームセンターなどにキュウリの苗が沢山並び、販売されます。
また、秋キュウリと呼ばれるタイプは真夏に苗が販売され、9月過ぎまで収穫を楽しむことができます。
育て方はとても簡単であり、苗をプランターに植えることから始まります。
キュウリの生育の特徴として挙げられるのが、広く浅く根を張ることです。
このため、プランターは横幅が広い方がキュウリの育て方として適しているといえます。
また、成長とともにツルをのばして、高く成長するため予め支柱とネットを用意しておくとよいでしょう。
上手に誘引することによって、グリーンカーテンとしても活躍するのが特徴です。
育て方として最も注意する点は、水切れを起こさないようにすることです。
みずみずしいキュウリを育てるためには、土の乾燥は避けなければならないことです。
苗を植えてからおよそ一か月程度で、1メートル50センチ以上に成長してきます。
次々とツルを出すため、ある程度ツルが伸びたらバランスよく誘引しておくとよいでしょう。
次々と美味しいキュウリを収穫するためには、追肥も適宜必要になります。
生育が早いキュウリにとって肥料はとても重要なポイントです。
液肥などを利用してこまめに追肥をして、肥料切れしないように注意しましょう。
初めて実ったキュウリと2本目は小さいうちに収穫することで、株がやせずに次の収穫へとつなぐことができます。
育て方はとても簡単であるため、マンションなどでも十分に収穫できる野菜です。

病気に強く手がかからない

園芸用品

夏はいろいろな野菜が育つ季節です。
その中でも夏野菜の代表格であるキュウリは、比較的育て方が簡単で病気にも強いので、家庭菜園の初心者にも一定の収穫が見込める野菜として人気があります。
キュウリは水分を多く含み、利尿作用や体を冷やす効果があり、梅雨時期のすっきりしない体調や熱中症対策にも有効な野菜として知られています。
キュウリの育て方は、苗と種から始める方法の2通りがあります。
中でも、苗から育てる場合、1株から20本程度の収穫が見込めるため、ベランダでプランターに1株植えるだけでも収穫の喜びを味わうことができます。
また、時期をずらして種から育てると初夏から秋ごろまで、連続した収穫が可能なため、家庭菜園には欠かせない野菜として多くの人に選ばれています。
さらに、肥料の与え方も簡単で、植え付け時に腐葉土を土に混ぜ込んでおくことと、実が付き始めたら1週間に1度のペースで化成肥料を与えておくだけと、ほぼ手がかからないのも人気のひとつです。
育て方のポイントは苗が小さいうちは水を切らさないように注意することです。
また、茎の組織が弱いので、ある程度大きくなったら風で茎が折れないように支柱を立てて誘引させることが大切です。
キュウリにもたくさんの種類があり、一般的上に伸びていく品種や地面を這うように成長する品種、ピクルスに使用される小さい品種などがありますが、何れも育て方が簡単なことから人気が高く、春前には種や苗が市場に大量に出回ります。
好みの品種を選んでおいしいキュウリを長く楽しみましょう。

誰でも作れる

植物

キュウリは育て方を間違えなければ、誰でも簡単に育てることの出来る夏野菜です。その魅力は、さまざまな料理に日常的に使えることや、成長が早くすぐに収穫できることなどです。苗をプランターに移してから、支柱を立てて、つるを巻き付けるようにして育てます。開花後、十日程度で美味しいキュウリが収穫できます。

もっと読む

特徴に合わせましょう

畑

キュウリは蔓を伸ばして成長するので、支柱やネットなどの道具を揃えることが重要となっています。また、湿気に弱いという性質を持っているので、水はけのよい土壌にしておくことがキュウリの育て方で重要なポイントと言えるでしょう。

もっと読む

美味しい野菜を作ろう

畑

上手にキュウリを育てるためには、事前の準備が大事になります。キュウリの育て方以前の話として重要になるのが土作りです。適した土を作った後で、石灰や肥料を混ぜます。鉢植えで育てる場合には、水はけの良いプランターが必要です。また、種から育てる場合には苗作りを行います。その他、支柱や網も用意しておきます。

もっと読む